fc2ブログ

「鈴木竜トリプルビル」 (愛知県芸術劇場小ホール 2021年12月3日)

 「鈴木竜トリプルビル」は、鈴木竜の演出・振付・出演による3作品「never thought it would」(鈴木ソロ)
「When will we ever learn?」(鈴木含む4名のユニット)「Proxy」(6名のダンサーチーム)の公演である。

「never thought it would」(こうなるとは思わなかった)
ビナ・バウシュは、「踊り続けなさい。自分を見失わないように」と語った。しかし、鈴木竜は、とうの昔に我を忘れ、眩い炎に吸い込まれる蛾のように踊り続けて来たし、今後もただひたすら踊り続けるしかないと考えている。
暗い舞台の端に浮ぶ一本のライト、その下に横たわるダンサー(鈴木)の手が、ピクリと動きだすところから始まる。重低音ビートのエレクトロニカ・サウンドが空間を包み込み、舞台上にランダムに配置された十数本のライトは、白からカラフルに、また流れるような発光へと変わり、インスタレーション作品のようだ。
ダンサーは、薄暗い舞台でうねうねと床を這いながら立ち上がろうとするが、空中のライトがプレッシャーになるのか、簡単に立ち上がる事ができない。くすんだ色の衣装は、光を鈍く反射する素材で、ぬめりのある質感に見せている。そんなダンサーの動きは、芋虫を連想させる。身体をくねらせながらも立ち上がり、上を目指すが、中々手が届かない。鈴木は、空中のライトを「世界的なカンパニーや有名なダンサーに例えた」と語っている。もう少しと思えども届かない高み。藻掻きながらも上を目指すダンサーを、サナギから蝶へと脱皮しようとしている姿に例えるのか。これまでにない鈴木の振付に思わず引き込まれてしまう。
秀作である。テーマは抽象的だが、振付、音楽、美術、衣装が、よく練り込まれて見ごたえのある作品となった。
「When will we ever learn?」(いつになったらわかるの?)
現代の社会問題となっている「差別」や「ハラスメント」をテーマとしているが、「抗議としての作品ではない」(ドラマ・トゥルク丹羽)。社会問題として取り上げられるのは、それが世の中に広く蔓延している事の証に他ならないし、より難しくしている要因として、「人間関係=上下関係」とする考え方が根強いからだろう。
男女4名のダンサーによる作品だが、相手を取替えながら男女、同性同士のペアを作って、舞台上の菱形に区切られたスペースに登場する。ペアのダンスは、リードする側/される側の関係と言うより、片方の優位性を感じさせる動作・表現になっていた。振付は、男女、同性どのペアでもほぼ同じものだが、各々の役割が入れ替わっていた。最初、上位にあった者が、次には逆転し従属する立場になる、それを計4組のペアが繰り返す。
音楽は、60年代後半の”反体制”側といわれるボブディランやデビッドボウイ等の曲を流していたが、最後は、鈴木のソロで「花はどこへ行った」だった。「When will we ever learn?」と人間関係の問題に煩悶する現代人を映しだす舞いのようだ。
「Proxy」(代理)
人々のコミュニケーションが、SNSに依存するに従い匿名性が増加し、その匿名性が更にSNSの利用を増加させていく。ネット上では、自分ではない自分が、誰かわからない他人と繋がっていく。それを人間関係と呼べるだろうか。6人のダンサーが、それぞれに自分の人形(アバター)を持ち、その背後でダンスを踊る。人形はライトに照らされて明瞭に見えるが、ダンサー自身の顔は薄暗くはっきりしない。最後にアバターから離れたダンサーが、精気を取り戻したかのようにダイナミックにデュエットを舞う。生身の接触によって、人間同士のコミュニケーションを取り戻したようだ。

今回の公演のポイントは、「コレクティブな手法」での創作だ。日本のコンテンポラリーダンスといえばダンサーがひとりで音楽から美術、照明、衣装等、何でもかんでもやる個人営業が通例と思われる。それがこの公演では、それぞれの専門クリエータと協働し、更にドラマ・トゥルクの参加で、ダンス・パフォーマンス向上と作品に厚みを加えたのは間違いない。今後、日本のコンテンポラリーダンスが、世界に出て行くにはこの体制が必須である事を確信した。
スポンサーサイト



TRIAD DANCE PROJECT 「ダンスの系譜学」

3人の女性ダンスアーティストによる「TRIAD DANCE PROJECT」は、振付の原点とその継承/再構築を同時に観ようという企画だ。
1人目の酒井はなさんは、「紫綬褒章」「舞踊芸術賞」等の権威ある賞を受賞しているバレエダンサーで、ミハイル・フォーキン振付「瀕死の白鳥」の公演も数多い。酒井さんの”生”「瀕死の白鳥」を、これも四家卯大さんの”生”チェロ演奏で観られるのは貴重な機会だった。フォーキン版の作品の初演は、1905年(頃)なので、もう100年以上も昔の話だ。当時のクラシックバレエの常識であった「跳躍、回転の超絶技巧と上へと向かう」振付からは大きく逸脱した、床にダンサーが沈み込む様な動きは革命的だった。だがそれから100年である。この公演の企画者は、演劇作家の岡田利規をして、「解体」を試みさせた。ダンサーが踊りながら発声するとは、驚きだった。セリフをナレーションで流すのでなく、ダンサー(酒井)が、岡田流の”リアル”な口語体で発声するのだ。しかも、全編ダンスを踊るのではなく、演劇的でコミカルな感じの動きとの組合せだ。バレリーナの酒井さんは、新たな試みに果敢にチャレンジしているのだが、見る側としては、ここまでやらせて良いのかとハラハラしながらの鑑賞だった。だが、それこそが岡田の狙いだったのだろう。現代のダンスのルーツとされ、確立されたメソッドと数百年の歴史を持つクラシックバレエを「高い到達点から否が応でも引きずりおろす(岡田)」ための「瀕死の白鳥」の解体なのだろう。次に進む為の「破壊(解体)と創造」。破壊の後の創造で、岡田が何を見せてくれるのか、この先もその活動に注目したい。
ふたり目の中村恩恵さんは、イリ・キリアン率いるネザーランド・ダンス・シアターに過去に所属しており、キリアン振付の特徴と言われる叙情豊かなダンスを見せてくれた。始めは、中村さん自身の振付による「BLACK ROOM」だ。中央だけがほのかに明るい舞台に黒いコートに白いマスクのダンサー(中村さん)が現れる。「ここはかつて私がいた部屋/白い壁そこには言葉が隙間なく書かれている/私が書いたのだ/私は独りぼっち/助けて誰か助けて・・・」暗い部屋の中で、身悶えするような女性の言葉が、ナレーションとして響く。ダンサーの白いマスクは、社会問題にもなっている引き籠りや、コロナ過で外に出れない私達自身を連想させ、胸に溜まった、発せられる事の無かった言葉たちの象徴に見える。人は辛い苦しい思いを抱えて生きている。暗転し、キリアン振付の「BLACK BIRD」が始まる。よく見ないと次の作品に移ったのが分からない程、スムーズに繋がっていった。「BLACK BIRD」の始めは、母親の子宮内の胎児の動きから始まるのだが、ここでは生まれ落ちた後の場面が繋がっていた。白いマスクを外し、ジョージアの伝統音楽にのせた舞いは、人生には、やさしさも希望もあると告げているように見える。中村の秀逸な舞台だった。
最後は、ウィリアム・フォーサイス・カンパニー在籍歴のある安藤洋子さんだ。フォーサイスは、それまでのバレエ技法の枷を外し、新たなダンスの地平を切り開いた振付家として知られる。その技法は、「多重心とオフバランスで踊る」「素早いステップ」「引っ張り合うパートナリング」等が有名だが、安藤のダンスを見て、要するにこのようなものかと納得した。フォーサイスの振付技法は、ダンサーに強靭な筋力やスピードを要求するので、ある意味過酷だ。しかし、その動きは鑑賞者の身体的な感覚に、直接響いてくる。だから観ていて面白く、ワクワクするのだ。フォーサイス振付「Study#3」で島地保武とのデュオを踊ったが、技巧に裏打ちされたスピードと力強さ、二人の絡み、観て楽しいとは、この様なダンスなのだろうと思う。
加えて、安藤は、「MOVING SHADOW」で、二人の新人ダンサーを加え、フォーサイスの振付を継承した新たな作品も生み出した。
これからダンスはどこへ向かうのだろうか。振付家やダンサーは、日々の探求に余念がないし、演劇作家の様な外部の者の参入もある。今、私達は、大きな変革の中にあるのかもしれない。コロナ過を克服した何年か先、目の前には全く違ったダンスの地平が広がっているのだろうか。

勅使川原三郎版 「羅生門」

漆黒の闇の中に三つの人影、足元には布をまとった人形のものがいくつか横たわる。背景にライティングで淡く浮かび上がった2本の光柱は、朽ちた羅生門。ミニマルな舞台にサイレンの様な大音響が鳴り響き、観る者に不穏な空気を抱かせる。勅使川原は、文学作品を踊りで表現する事は、「あらすじをダンスで見せる」のではなく、小説(羅生門)の「後ろにあるものを表現」すると言う。

『・・・永年、使われていた主人から、暇を出され・・、明日の暮し―どうにもならない事を、どうにかしようとして・・朱雀大路にふる雨の音を、聞くともなく聞いていた・・』短編小説「羅生門」の朗読が、琵琶法師の語りの様に舞台に響く。ボロボロの衣を纏った下人(勅使川原)が舞う。帰る家も飢えを満たす糧もない。どうにかしなければ飢えて死ぬ、どうにかしようとするならば人の道を外れ盗人になるしかない。その一歩を躊躇し苦悩に悶える。勅使川原メソッドと言われる、柔らかな肢体の動きと一瞬の静寂のバランス、そこから一転力強い動き。バレエの動作とは異なる、舞踏も連想させる動きが、下人の揺れ動く胸の内を投影する。
笙の崇高な音色と共に、汚れた衣を纏った老婆(佐東梨穂子)の舞いが始まる。死体から髪の毛を抜く行為は、何ともおぞましいものだが、善悪の感情を忘れた人は、死骸の間を無心に歩き回り、そっと抜く。指先までも柔らかな肢体の動き、時に力強く時に優雅なまでに流れる表現は、秀逸。勅使川原のコラボレーターが長い佐東だが、これまでと比べても、今回のダンスは、特筆に値する。
『悪い事とは思わぬぞよ。せねば、饑死をするじゃて、仕方がなくする事じゃわいの』老婆の言葉に、下人は一線を越える。
老婆と鬼(アレクサンドル・リアブコ)の舞いで、鬼は、餓鬼への道へ引き込もうと激しく力強い動きを見せるが、老婆はどこか淡々とした雰囲気を漂わせ、餓鬼にはなりきれない人の魂を見せている。リアブコは、バレエダンサーだが、勅使川原メソッドをうまくこなしていた。所々にバレエダンサーの肉体の強靭さが散見されたが、それが返って佐東の柔らかな舞いを際立たせていた。
暗転。
地の底から響いてくる様な鈍い効果音で満たされる舞台、中央に淡い明りで浮かび上がる老婆が、先程とは異なる白い衣装で立つ。雨音、雷の音が響く中、激しい動きと柔らかな肢体の動きの対比は、不安と迷いに苛まれる感情表現。息絶えようとしているのか、既に魂となって漂っているのか。神々しい音楽と共に、朝日が老婆を照らす。立上って天に向けて手を差し伸べる。
老婆は、救われたのだ。

勅使川原は、飢餓と疫病に苦しむ平安の人々を、自然災害やコロナ蔓延に見舞われ、未来への道筋を見失った現代人に重ねて、「救いはある」(歎異抄「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」)と伝えたかったのかもしれない。

ファン・デ・ナゴヤ2017(その1:365Wishes)

ファン・デ・ナゴヤ2017(その1:365Wishes)
期間: 2017年1月12日(木)〜1月29日(日)
場所: 名古屋市民ギャラリー矢田
今年は、三つのプロジェクト「365Wishes」/「だれかのなにか」/「Poison毒」の展示です。

先ずは、神村泰代さんが企画・出展した「365Wishes~Happy Birthday to you」
4Fの広い展示室に、365個のオルゴールが吊り下げられていて、そのフレームの裏には4桁の数字が打刻されています。
この数字は、日付「〇〇(月)〇〇(日)」を表しており、オルゴールの配置は、各月毎に固まって吊り下げられています。展示室の入り口に近い所は、11月刻印のグループだ。時計回りにまわって、自分の誕生月の辺りに来たら、一つひとつフレームの裏に打刻された日付を確認してみましょう。薄暗い部屋で、細い打刻文字を読むのは、少々しんどいですね。
自分の誕生日が見つかったら、ゼンマイを巻きます。シンと静まり返った部屋に、「Happy Birthday to you」のメロディーが、優しく流れてきます。他のオルゴールも鳴らしてみましょう。友人と一緒なら、それぞれの誕生日オルゴールのゼンマイを巻いて、Happy Birthdayのカノンを楽しむ事もできます。

広い展示室いっぱいに吊り下げられたオルゴール
DSC_8282_convert_20170126224543.jpg

DSC_8199_convert_20170126224309.jpg

フレームの裏には、月日が刻印。(写真では、小さくて見えないですが)
DSC_8206_convert_20170126224341.jpg

この位、拡大すると日付が見えます。
DSC_8464_convert_20170129013232.jpg


来場者の方が、誕生日の刻印を探しています。
DSC_8212A_convert_20170126224728.jpg

DSC_8289_convert_20170126224504.jpg

レセプションの時の神村泰代さん
DSCF3756_convert_20170126224152.jpg

榊原澄人 永遠の変身譚

榊原澄人 永遠の変身譚(メタモルフォーシス)
清須市はるひ美術館  2016年10月4日(火)~12月11日(日)

国内外で、今、注目のアニメーション作家である榊原澄人さん。初期作品(イギリス ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの修了作品)の《神谷通信》(2004)から、《浮楼》(2005)、《淡い水の中》(2007)、《É in Motion No.2》(2013)、《Solitarium》(2015)、そして最新作(郷里北海道で撮影)の実写映画《Rapollo》(2016)まで、これら代表作をまとめて紹介した、美術館では初めての個展だそうです。
 タイトルの『永遠の変身譚』は、古代ローマの詩人オウィディウスの「変身物語」(メタモルフォーシス)由来のものです。確かに作品の中では、キャラクターの変身場面が頻繁に見られます。
<上映作品例>
《É in Motion エ・イン・モーションNo.2》(2013)  榊原氏のサイト
HOKA1_convert_20161215221112.jpg
HOKA2_convert_20161215221128.jpg

《Solitarium》(2015)
HOKA3_convert_20161215221144.jpg

気になったのは、初期のものですが、《神谷通信》(2004)。
小学生の少女が、亡くなったお母さんに手紙を送る話です。
小学校での出来事、同じく小学生の弟の日常、僧侶の父親の毎日のお勤め、老犬タロの様子等を手紙に綴った内容が、ナレーションとして流れます。
淡々とした日常の記述の隙間から、突然、愛する母を失った悲しみを受止められずにいる少女の姿が垣間見える様で、胸に染みてきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

拝啓、お母さんへ
KAMIYA1_convert_20161214222438.jpg

お母さんお元気ですか?
KAMIYA2_convert_20161214222509.jpg

今年の夏も暑いけど、紀子は何とか元気にやってます。
いつもお母さんに会いに行こうと思うんだけど、宗吉(シューキチ)が友達と一緒についてくるってうるさいし、これじゃ当分は無理みたい。

KAMIYA3_convert_20161214222524.jpg

学校はもうすぐ夏休み。みんなそれぞれ忙しい。
KAMIYA4_convert_20161214222546.jpg

近頃女子の流行は、援助交際。一日3万。
衣装はきっちり、メイク無しでは歩けません。
KAMIYA5_convert_20161214225733.jpg

タルペコ(担任教師)は、生徒との不倫がばれて、家庭崩壊の危機。
浮世は正に地獄の沙汰。
KAMIYA6_convert_20161214222612.jpg

でももうひとりの浮世離れは、元気いっぱいにしています。
宗吉は最近、新しいお面に取り換えて、心機一転。どうやら今度は、狐になるらしい。
KAMIYA7_convert_20161214222624.jpg

新しい友達も出来た様で、えーっと、名前、ハービーって言ったかな。
日本人じゃないみたい。けど、宗吉も知らないんだって。
KAMIYA8_convert_20161214222636.jpg

宗吉曰く、人の世は至極やっかい。
虚仮の一念(こけのいちねん)。  時に物事は、知らぬが仏。


家のタロも今年で17歳。年功序列の世の中では、ヘビー級。
KAMIYA9_convert_20161214222648.jpg

威厳漂う柴犬のそろそろ彼岸は近いと見た。  南無阿弥陀仏。
KAMIYA10_convert_20161214222736.jpg

「ただいま」
KAMIYA11_convert_20161214222747.jpg

KAMIYA12_convert_20161214222757.jpg

お父さんは、相変わらず。  年功序列の世の中じゃ、43歳生臭坊主はミドル級。
KAMIYA13_convert_20161214222810.jpg

日々のお勤めはきっちりやっているようだけど、お彼岸に近づいているかは疑問。
KAMIYA14_convert_20161214222821.jpg
まだまだ甘い。


お母さんが逝って一年が経つけど、まああれでもお父さんなりに頑張っている様だし。
どうやらこんな感じで時は過ぎていくみたいだけど、何だかんだ言って、みんな元気にやってます。
KAMIYA16_convert_20161214222832.jpg

KAMIYA15_convert_20161214230859.jpg

お母さんもお元気で。
KAMIYA17_convert_20161214222849.jpg

KAMIYA19_convert_20161214222910.jpg

「宗吉!手紙」
KAMIYA20_convert_20161214222922.jpg

KAMIYA21_convert_20161214222931.jpg

PS.
お母さん、お盆には、帰ってくるんでしょ。
KAMIYA22_convert_20161214222944.jpg

KAMIYA23_convert_20161214222954.jpg
私がそちらに行けたらいいんだけど・・・


『私がそちらに行けたらいいんだけど、お迎えはまだ来そうにないし。
やっぱりお盆まで待たなきゃだめみたい。お盆まであと3週間。
お母さんが帰ってくるのを、みんな楽しみに待っています』
KAMIYA24_convert_20161214232301.jpg


KAMIYA25_convert_20161214223017.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「私がそちらに行けたらいいんだけど・・・」
神谷通信は、大きな川を隔てた向こう側、彼岸に渡った母親への、此岸に住む娘からの手紙。
手紙を届けるのは、狐面を被った弟の役割。墓石の前に何通もの手紙。どうやって川の向こうに届けるのか。河童と友達になったのもうなづける。
手紙はちゃんとお母さんに届いたようだ。手紙を読む声に、子供を慈しむ気持ちが滲む。
きっとお盆には、お母さんのぬくもりを感じる事だろう。


◆「虚仮の一念」(こけのいちねん):
愚かな者が一つの事だけに心をかたむけ、やり遂げようとすること。
◆「彼岸」(ひがん):
仏道に精進して煩悩を脱し、涅槃(ねはん)に達した境地。
◆「此岸(しがん)と彼岸(ひがん)」:
仏教では、人の住む世界を「此岸」(しがん)と呼ぶ。
仏の世界は大きな川を隔てた向こう側にあるとされ、「彼岸」(ひがん)と呼ばれる。
人は死後、彼岸へ行くと考えられ、そこでは、煩悩に煩わされることなく永遠に平穏無事に暮らせると考えられている。

(参考)ニコ動に《神谷通信》がアップされている。
プロフィール

ゆでたまご

Author:ゆでたまご
鑑賞者の目で現代アートを探求

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
訪問者数