FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PARASOPHOA2015 笠原 恵実子

笠原 恵実子 《K1001K》/《TSR14》
(PARASOPHOA京都国際現代芸術際2015) 2015.3/7-5/10

 《K1001K》
 床の中央部に、一部が欠けた白く丸い陶器が、整然と並べられていた。横に20個、縦に50個程の並びで、合計1000個程。球体の上面に小さな注ぎ口を付けた様な野球ボール大のもので、1/3~2/3程が欠落している。球体の外側表面は素焼のままで、内側は釉薬が塗られ滑らかな面に仕上がっている。入り口の右手には、半分位が欠けた丸い陶器の写真資料が、積み上げられていた。タイトルは、「K1001K(←左右逆のK)」となっている。白く丸い陶器を眺めていたら、昔、父から聞いた「瀬戸物の手榴弾」の話を思い出した。
IMG_9949_convert_20150607225118.jpg
 埼玉県川越市には、戦時中、火薬類填薬(火薬を容器に詰める)工場があって、陶器製の手榴弾を作っていたそうだ。全国の窯業場から川越市へと大量の陶器が集められ、ここで火薬を詰め、手榴弾として戦地へ送り出していた。終戦後、陶器の大量在庫は、全て川に投棄された。今でも、川(びん沼川)の水量が減ると、川辺を陶器の破片が埋め尽くす異様な光景が現われるという。
 <川辺に現れた陶器破片>(図録より)
IMG_0085_convert_20150608214702.jpg
 これらの陶器の破片を、笠原は、拾い上げ磨き上げて写真に撮り、資料とした。
IMG_9950_convert_20150607225226.jpg
床に並べられた白い陶器は、捨てられた破片そのものではない。河原で拾ったものと対を成し、欠落した部分を補って、ひとつの手榴弾の形になる様に、笠原が焼き上げたものだ。
タイトルにある二つの「K」は、From川越市to京都市の意味か。「1001」の数字は、戦時中、出征兵士に送られた「千人針」の様に、銃後の人々を表す数字として「1000」が使用された。それに「+1」して、この作品を特徴づけるものとしている。床に並べられた白い陶器は、1001個なのだろう。兵隊さんが整列している所(写真)からインスピレーションを得たとしている。
兵隊列_convert_20150607225442
  (図録から)
 坊主頭の兵隊さんの整列を思ったのか。釉薬が塗られていない外側表面の鈍い白さは、異国の地で果てた方々の遺骨の肌触りを連想する。
 川辺から拾った陶器の破片そのものでなく、失われた部分を再現し、それを並べた。70年を経て、日常から消えかかろうとした戦争の記憶を、笠原は、白い陶器に重ねたのだろうか。私達に対し、そこから何を読取るのかと問いかけているようだ。

 《TSR14》
 部屋の左手の展示ケースには、潰れて平たくなった丸い金属板が、300個以上も並べられていた。赤銅色から銅のコインを潰したものと想像が付く。
IMG_9951_convert_20150607225301.jpg
 壁には、線路の交叉する部分を写した写真が掛っている。タイトルは、「TSR14」。「Trans-Siberian Railway(シベリア鉄道)2014」だ。笠原は、シベリアまで行って、コインを線路の上に置き、列車に轢かせて潰したのだと言う。
線路_convert_20150607225420
  (図録から)
 植民地がまだ世界に広がっていた頃、その支配には、大量の物資の輸送手段を必要とした。それ故、鉄道は、植民地維持の最重要インフラとされていた。長大な大陸鉄道は、強大な経済力を背景に、経済的に弱い地へと拡張していったが、運んだのは物資だけではなかった。膨大な量の列強の文化が、経済的に弱い地へと越境していった。並べられた潰れたコインは、踏み潰された経済と文化を嘆く被支配地の人々かもしれない。

***********************************************

 PARASOPHIAでは、一般に「ガイドツアー」と言われているものをシェルパツアーと呼んでいた。これに参加して、シェルパのムトーさんの説明を聞いた。
DSCF0605_convert_20150614202646.jpg
 今回の展示は、作品のタイトルはあってもキャプションが無かった。「キャプションをじっくり読んで、作品はさっと見るだけ」問題への対策として、「作品をじっくり見てもらう」為にそうしたのだと、何かの説明に書いてあった。
 <※こんな感じ>
IMG_9948_convert_20150614202613.jpg
 その趣旨は良いのだが、笠原さんの作品の様な場合、どうなのだろう。多くのお客様は、作品の意味が分からないだけでなく、そもそも展示しているものが何なのか、判らないまま通り過ぎてしまうようだ。私も、ムトーさんの説明が無ければ、「陶器の手榴弾みたいだけど、まさかね」と、通り過ぎるところだった。現代アート作品の展示における悩ましい課題だ。
スポンサーサイト

札幌国際芸術祭 宮永愛子《そらみみみそら》

 札幌国際芸術祭(2014.7/19-9/28)のメイン会場のひとつ札幌芸術の森美術館に、宮永愛子の作品《そらみみみそら》がありました。(8/28訪問)展示室に入ると、まず中央に置かれた大きなトロッコが目を引きます。その赤茶けた錆だらけのトロッコを取り囲む様に、床には白い陶器が、同心円を描くようにぐるりと並べられ、上からつるされたガラス板の上にも3個、載せてあります。

IMG_5985_convert_20140921202203.jpg

IMG_5987_convert_20140921202239.jpg

今回は、以前(2005年)展示した作品《そらみみみそら》の発展形だそうで、説明では、「サウンド・インスタレーション」、陶器の底に塗られた釉薬(ゆうやく)の割れ-「貫入」(かんにゅう)-の音を聞かせるものです。
宮永さんは、この作品の構想を練っていた時、美術館の隣を流れる豊平川の話を聞いたそうです。実際にその川を遡って行き、古い鉱山跡にたどり着きました。更にその地下深くに、鉱物を採掘した後の大きな空洞があり、地下からの湧水や地面からしみ込んだ水が溜まった地底湖の様なところまで足を進めたそうです。この地下深くの水、豊平川の水源のひとつである水を、陶器の釉薬に混ぜて使ってみようと考えました。展示室に置かれた赤錆たトロッコは、この鉱山で使用されていたものです。

IMG_5997_convert_20140921202309.jpg

「貫入」による音とは、どのようなものでしょうか。一般に陶器は、粘土の素焼のままでは、水を吸収しやすいため、表面に釉薬を塗り、その後、窯で焼く事により、表面を釉薬が変化したガラス質で覆う事が出来ます。今回の展示の陶器は、器の底に釉薬が溜まり、少し厚くガラス質の層が出来ています。「貫入」とは、このガラス質の釉薬が、陶器素地との収縮度の違いにより、冷えて行く時、割れ(またはひび)が発生すると事を言います。宮永さんは、釉薬の調合により、この貫入が、断続的に発生する様にしました。つまり、陶器を置いておくだけで、断続的に「貫入」が発生し、ガラス質となった釉薬が割れる音が聞こえるわけです。宮永さんの実家は、陶芸家(実際に窯場も持っているそうです)なので、この様な事もご存知なのですね。
実際に、作品に聞き耳を立てていたのですが、よくわかりません。定期的に、丁度、3分毎に発生させる、と言ったところまでコントロールは、できません。結局、鑑賞者は、いつどんな音が聞こえるか、わからないままじっと作品を見つめ続ける事になります。

 「チン」!

IMG_5993_convert_20140921202346.jpg

突然、小さな音ですが、確かに聞こえました。ガラス質のものが割れるならば、「パリッ」!の様に想像していましたので、意外でした。フライパンの底を大きなスプーンで叩いた様な音です。「チン」!と「カン」!の中間くらいでしょうか。
この「貫入」は、陶器を焼いた直後の、まだ不安定な状態が、安定へと向かっている現象と考えられます。一見、何の動きもない陶器ですが、目には見えない変化の継続を表している様で、時間の流れをも感じさせます。
プロフィール

ゆでたまご

Author:ゆでたまご
鑑賞者の目で現代アートを探求

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。