スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋤柄ふくみ MULTI LAYER展

鋤柄ふくみ MULTI LAYER展 (ALA アートラボあいち 長者町) 2015.10/8-10/24

 アートラボあいちMULTILAYER展の最終日に滑り込んだ。ALA長者町の階段を五階まで上がったところで、鋤柄さんと視線が合った。最終日なので、このあと搬出作業があるのだろう。展示スペースは、狭くて細長いビルの4階と5階。4階に小作品が6点、5階には、大きなサイズの作品が3点+小作品が展示されていた。
 手狭な展示室の右手の壁に《2015年の水辺b-c》。
IMG_1463_convert_20151202214541.jpg
 樹木が鬱蒼と茂った山の中を彷徨い、あたりを見渡しているかの様な風景だ。中央やや上には、横たわったような人影が、うっすらと見える。
 左手の壁には《2015年の水辺a》。
IMG_1458_convert_20151202214629.jpg
 こちらも山の中、手前の木の枝の向こう側には、谷合に架かる吊り橋とその上の人、の様にも見える。
これまでは、人や物が中心に描かれていた印象が強いのだけれど、この作品は、生い茂る草木の類を取り上げた「風景画」の様に見えてくる。鋤柄さんに聞いてみた。
 「(吊り橋のロープの上に)手をこう掛けて、その手の上に顎をのせて下を覗く様な感じで、森の周囲を見渡した」様子が、絵になりそうだと考えたそうな。

 「(向かって右側の)《水辺b》から描きはじめ、次にその左側につながる《水辺a》を描いて、《水辺c》と合わせ、3枚でひとつの作品です」 この展示室は狭いので、同じ壁面に3枚を並べて見る事が出来ないのは残念。自身のアトリエでは、3枚を並べながら制作したのだろうか。「(私の)アトリエは狭いので、無理です」 作者自身も、3枚並べて見た事がないのだ。今後、どこか広いスペースでの展示の予定は、ないのだろうか。展示室の入り口に、描きかけの作品が1点置いてあった。「これを、《水辺c》の右側に」持って来て、4枚からなる作品を考えているそうだ。2016年1月末開催の『現代美術in春日井』に、出展予定なので、そこでは、4点からなる作品を見る事ができるかもしれない。

 鋤柄さんの描き方が、妙に心に残る。「実際にあるものでないと描けない」ので、自分の身近にある物や人をモチーフにしていると言うのだが、写実的な表現ではない。対象を一度自分の中に全て呑み込み、自身の体の中でかき混ぜた後、少しづつ取りだしてキャンバスに塗り込めるとでも言おうか。その塗り込みが、最近(今年に入って)、少し変わった様に感じている。描き方の基本は変わらないと思うが、モチーフとしての描く対象、特に人が、まわりに溶け込んでいる様で、明瞭に現れてこない。2014年春、岡崎のMasayoshi Suzuki Galleryで鋤柄さんの作品を見たが、それと比べて、2015年初のVOCAの作品は、
            《 楽園 》
IMG_1507_convert_20151202214706.jpg
人が描かれているのはわかるが、ともすれば周りの色に呑み込まれてわからなく成る程だ。その傾向は、今回の作品まで続いている。次回の展示には、どの様な変化を見せるのだろうか、楽しみだ。

「写真、良いですか」返事を待っていると、断られそうだったので、急いで1枚。
・・と、「すいません、逆光なのでもう一枚」
鋤柄ふくみ_convert_20151202214735
 「・・・それくらいで良いです」
スポンサーサイト
プロフィール

ゆでたまご

Author:ゆでたまご
鑑賞者の目で現代アートを探求

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。