スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木全祐輔 《両手で抱えられるもの》

木全祐輔 《両手で抱えられるもの》
ギャラリーエスパス(丸栄) : 2016年9月8日~9月14日

久しぶりに木全さんの絵画を拝見しました。ギャラリー内には、20点程の作品が展示されていましたが、ほとんどは今年(2016年)の作品だそうです。
奥に立っている黒いスーツの方が、木全さん。(小さすぎてわかりずらいですが)
DSC_6816_convert_20160925004841.jpg

木全さんの絵画の特徴は、そこに描かれているモチーフ(人やモノ)が、どちらかと言えば具象なのだが、それらの一部、又は全ての境界が曖昧で、溶け合う様な姿を見せる事だ。

《目は口ほどに》
DSC_6810_convert_20160925004703.jpg

テーブル(らしきもの)の上に、黒い皿の花器(らしきもの)が置いてあり、そこに溢れるように花がいけられている、(一見するとその)ように見えます。赤、黄、白、緑の植物らしいものは、はっきりとした花や葉の形にはなっていません。たぶん、テーブルと黒い皿の存在が、中央に描かれたモチーフを“花”と、見る者に思わせるのでしょう。
「目の前に花を置いて描いたわけでは」ないのだと言う。記憶の中の花を生けて見せたのだろう。テーブルらしき四角、器のような黒い線を最後に描くことで、「生けられた花のように」見せようとしたのだ。「この絵には、もうひとつのモチーフも描きました」その上に“花”らしきものを描いたそうだが、塗り重ねて見えないのなら、描く意味もないのでは。「でも、よく見ると、顔を描いたのが」わかるのだとか。いったいどこに?「それは言わない方が良いですね」宿題をもらってしまった。
(※その後、写真をじっくり見ていたら横顔が見えてきた)

《傀儡に眠りを》
DSC_6809_convert_20160925004913.jpg

傀儡 -「かいらい」「くぐつ」- 通常は、(あやつり)人形の意味。ここでは、人形にもお休みを、といったところか。人形にしては生々しいので、踊り子と読み替えたくなる。
人形が、椅子に腰掛けている構図だが、頭と身体の関係が何だかおかしい。手前には、身体が3体あり、片足の上げ方が少しずつ違う。その周りには、頭が5個見える。正面を見たり、左右や、後ろを向いたりで、表情もそれぞれ違っている。どの身体と頭が対になるのか。顔も身体もそれとわかるが、ふたつのつながりが、はっきりしない。木全さんの中で、人形のいくつかの表情と、片足をもちあげた身体の記憶が別々に存在し、それらがまたひとつに溶け合う様な感じだろうか。
人形が椅子に佇んでいる記憶は、二枚の合せ鏡を覗く様に、画面の奥まで続いている。木全さんの絵に時折現れる、記憶の連なりだ。ディテールは薄れるものの、輪郭は保たれている。そんな記憶をキャンバス上に載せていく。
「目の前のモデルを描いたわけでは」なく、自分の記憶の中にあるものを描いているのだそうだ。

木全さんは、絵画を制作するとき、「自身とモチーフの境界が曖昧になる」感覚を覚えるのだそうだ。絵画制作を続けてきて、その感覚が強くなり、「画中に複数登場する人物や木々などが溶けあい、それにより絵画空間が揺れ動き、新たな空間を生んで行く」ようになってきた。このような感覚をもったのは、木全さんの双子としての体験が、影響しているとも語っている。
(※参考: 展示資料のテキスト)
スポンサーサイト

木村 充伯 《We Mammals》

木村 充伯(きむら みつのり) 《We Mammals》
期間: 2016年5月7日(土)〜6月11日(土)
場所: ケンジタキギャラリー(名古屋)

木村充伯がいい。
ギャラリーの入口を入って目に飛び込んできたのは、合板の表面を削って描かれた動物や人。
《出現》
IMG_4534_convert_20160727221805.jpg
《ラッコ》
IMG_4536_convert_20160727222017.jpg
《狼と豹とその息子》
IMG_4535_convert_20160727221922.jpg

これまでの木村の彫刻やドローイングと同様に、姿かたちはシンプルで、仕草や表情からはユーモアを感じる。目は、ぱっちりと開かれて、さめた様な視線をこちらの方に向けている。
でも、今回の作品は、これまでと比べると随分と違った印象を受けた。「変わった」ではなくて、「進化」している感じ。それは、存在感なのかと思う。

《We Mammals》 我ら哺乳類
IMG_4541_convert_20160727221947.jpg

絵画作品は、合板の表面を動物の形状に、わずかに削って着色したものだが、そこに削り残しというのか、けずり跡の毛羽立ちが、「哺乳類」の毛を思わせて何ともいい。
この合板を木村は、「毛が生えるパネル」と呼んでおり、チェーンソーで板の表面を削って、毛羽立ちを作るのだそうだ。合板表面を削ったときのささくれが、とても微妙なので、道具を使った手作業によるものと思ったが、そうではないので驚いた。「毛」を表現したいのなら板の上にボソボソしたものを後から接着する方法もあるのだろうが、「毛は後からつけるものじゃなくて、生えるもの」(木村)なので、そうしないらしい。
IMG_4550_convert_20160727222247.jpg

左側の壁面には、人も含めた猿や熊等の哺乳類の彫刻7体が、背を壁にくっつけて並んでいる。こちらも表面の造作は、チェーンソーを使ったのだろう、削った後の毛羽立ちが、ボソボソとした手触りの体毛になっている。
IMG_4542_convert_20160727222209.jpg

《ブラック》
 奥の壁の1枚は、合板の全面を削って、言わば真っ黒な「毛だらけ」にして、そこに5対の「目」だけを描いている。
IMG_4549_convert_20160727222043.jpg

IMG_4551_convert_20160727222120.jpg
楠を加工し、表面に毛羽立ちを作るやり方は、2014年の《鳥の死角》展(ケンジタキギャラリー)で見せていたが、彫刻の毛の量は、まだいまいちだった。今回の「毛が生えるパネル」絵画では、チェーンソーを使用したとは思えない程の「フサフサ毛」の仕上がりになっており、「哺乳類」の毛皮感を醸し出している。

《森の中で》 複数絵画のインスタレーション
複数の(「毛が生えるパネル」の)鳥や小動物の絵画が、森の中の様に配置されている。
IMG_4562_convert_20160727222318.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ギャラリー内に、昨年末(2015.10-12)に国際芸術センター青森で開催した、アーティスト・イン・レジデンス展覧会『航行と軌跡』の資料が、木村作品の参考として置いてあった。そこには、「毛が生えるパネル」絵画の他に、以前から取り組んでいる油絵具を使った彫刻作品もあった。

これがいい。

《祖先は眠る(2匹のサル)》 《祖先は眠る(テン)》
祖先は眠る_convert_20160727224104
従来にない、絵具の表面を毛羽立たせて、動物の毛皮感をだしている。目は瞑ったまま、顔を横にして寝ている。これは、生きているのか死んでいるのか。

ファン・デ・ナゴヤ2016 「新ナゴヤ島」

ファン・デ・ナゴヤ美術展2016
期間: 2016年1月8日(金)〜1月24日(日)
場所: 名古屋市民ギャラリー矢田
今回のもうひとつのプロジェクト展示は、「新ナゴヤ島」です。
企画:N-mark
出品作家:
石田達郎、北山美那子、クロノズ、竹田尚史、徳重道朗、森田美里、山下拓也
友情出展:加藤良将、鈴木優作、他

「N-mark」選出の現代アート名古屋オールスターズだろうか。
sinNAGOYA_convert_20160121004010.jpg
新ナゴヤ島の解説は、以下です。(既にご存知の方はスキップして下さい)
『この地図は我々アートリサーチ団体「N-mark」が新たなアートの可能性を求めて、アート界の秘境「新ナゴヤ島」を探検した成果である。1998年-あいち諸島カスガイ島、神領港を出港した。その航海は数年に渡り、幾度も大きな嵐に見舞われた。帆は破れ、羅針盤はその機能を失っていた。霧が立ち込める日が幾日か続き、食料も底をつきかけたその時突然、霧が晴れ渡り我々の目の前に巨大な島が出現した。 上陸した我々が最初に出会った女性アーティストは2階建て住居を身にまとうように、2階の床から上半身を、1階の天井から下半身を出し、身体から白い液体をたらしていた。それは儀式のようなアート作品「hanky panky pancake」であった。そこには多くの原住民が集まり、そのしたたり落ちた液体を焼いて食していた。ここにはアーティストが生きるための豊かな環境があり、それを必要とする原住民が生息していることを確認することができた。この島にはアートにまつわるすべてのものが揃っている。このアートにとって豊かな秘境を我々は「新ナゴヤ島」と名づけることにした。その後も探検の中で多くのアーティストと遭遇した。しかし彼らは他のどの地域とも異なる独特な作品を創りだしていた。長い年月発見されることのなかった島の中で、アーティスト達は独自の方法で生き抜き、進化を遂げ、それぞれの生態系を築いていたのだ。 このガラパゴス化した新ナゴヤ島には、あらゆる情報が共有され均一されるグローバル時代において、唯一オリジナルの表現や個性を育む土壌がある。そこに生息するアーティスト達それぞれの物語をこの展覧会では見ることができるかもしれない。 この地図は、N-markが大きな嵐に見舞われ続けてきた時代に、霧の中でぼんやりと見た新ナゴヤ島の地図である』
sinNAGOYA-MAP_convert_20160121004049.jpg

《KURONOZ(クロノズ) 》・・・作品名称兼アーティスト属名(本名:クロノヤスコ)
黒髪ロングヘアのウィッグ+黒縁メガネ+水色ワンピース(+真っ赤な口紅?)で、誰でもクロノズに変身できる。「クロノズ化した来場者は会場を一瞬にして異空間にしてしまう」らしい。内覧会でのオープニング・パーティにも出現していたが、男性の変身に至っては確かに異空間。
IMG_2043_convert_20160121001821.jpg

IMG_2091_convert_20160121001915.jpg
IMG_2093_convert_20160121001946.jpg

《NEPENTHES(ネペンテス) 》 加藤良将
ネペンテスとは、赤道付近に生息する食虫植物(ウツボカズラとも言う)です。筒状の捕虫袋を持ち、入って来た虫を逃さない様に、パタッと蓋を閉じてしまうやつですね。この作品も、蚊帳(知らない方の為に→夏の睡眠時の虫よけ網)が天井から吊ってあり、人が「何だろう」と立ち止まっていると、パタッと網を被せてしまいます。
IMG_2048_convert_20160121002020.jpg
IMG_2049_convert_20160121002047.jpg

《私はいつも旅をしている》 竹田尚史
竹田さんの作品は、先回のあいちトリエンナーレでも拝見したが、特徴は、「測り」。ああ竹田さんだ。
今回は、頭の中で起きている旅の様子、なのだ。
IMG_2051_convert_20160121002114.jpg
IMG_2052_convert_20160121002135.jpg
IMG_2057_convert_20160121002230.jpg

《捨てられた子ども》 北山美那子
「アーティストの言葉」
『”結局どこにも行かないで、ここにいるよ。ここで、世界にも珍しい場所を作っていこう”こことは、名古屋市守山区にある東谷山、名古屋市で一番高い山といっても260m。しかし、ここには、ニホンカモシカ、ニホンキツネ、ニホンリス、ムササビ、ノウサギ、イノシシなどの野生動物がいます。かつて、日本の森には野生動物がいないから死んだ森だ、絶滅したのは森で遊ぶ日本の子どもだ、と言われた。しかし、ごんぎつねは帰ったし、子どもらの声も響くようになった。それは、山を一つの塊として街から眺めるのではなく、いつかは頂上につながる緩やかな道筋の中に身を置いた時にみえてくる。私は、展覧会の度に山の不法投棄物を拾い、ゴミの晴れの舞台を作り、ギャラを処理費用に当てていく事にしました』
IMG_2180_convert_20160121004714.jpg
IMG_2181_convert_20160121004745.jpg
IMG_2182_convert_20160121004821.jpg

《いつ、どこで、だれが、どうした》 石田達郎
物干しラックに布団をのせたものと、2014年作品《斜面の集落》のインスタレーション。これに本人のパフォーマンスがミックスされる。
IMG_2066_convert_20160121002317.jpg
石田パ1_convert_20160121004113

《六甲オリエンタルシャムロックちゃん》《ばいばいの写真》 山下拓也
床には無数のシャムロックちゃんが横たわっている。シャムロックとは三つ葉のクローバーの意味だそうで、2005年愛・地球博アイルランド館のゆるキャラ・マスコットでした。部屋の奥の壁には、今は営業を停止した、六甲オリエンタルホテルの画像が写る。ホテルのカーテンが、びりびりに切り取られている。床に横たわるシャムロックちゃんは、この生地で作られているらしい。山下の作品には、こういった使われなくなったマスコットがよく登場する。一時は、イベントのマスコットとして生命を与えられたものが、その終了と同時に忘れ去られてしまう。
副田一穂は、こう説明する
『商品やイベントのマスコット・キャラクターたちもまた、商品の販売が終わり、イベントが閉幕すると、倉庫の片隅で忘れ去られてしまう。まさに横浜フリューゲルスのとび丸が、出資会社の経営上の都合という大人の事情によって活躍の場を失ってしまったように。彼らはごっこ遊びのなかで「正しく」死ぬことができないまま取り残され、しかもその遊びが再開される見込みはもはやない。こうして、キャラクターたちは生と死との狭間で永遠に引き延ばされた停止状態となる』
そしてこれを「アンデッド(不死者)の群れ」と表現した。
プロジェクタに映る六甲オリエンタルホテルも似た様なものかもしれない。開業以来、70年以上続いた老舗の高級ホテルではあるが、某ホテルグループ傘下で経営統合、閉鎖された。外資への売却の話も出たが、現在に至るも閉鎖状態のままにある。アンデッドのままなのだ。
IMG_2125_convert_20160121002948.jpg
IMG_2129_convert_20160121003022.jpg
IMG_2152_convert_20160121003105.jpg
IMG_2159_convert_20160121003135.jpg
IMG_2166_convert_20160121003203.jpg

《N-mark Open Office》 N-mark 
IMG_2191_convert_20160121003243.jpg
《GLOBAL SUIT》鈴木優作
鈴木は、世界の山ちゃんから手羽先の骨を提供いただき、自身のアートスーツを作成。
遠くからだと稲わらで作った様に見えるが、全て手羽先の骨を使用して作成している。これを着て展示会場内でパフォーマンスもやるそうだ。「新ナゴヤ原人」などと名前がついたらしい。
DSC_3810_convert_20160121003329.jpg

《h123》 徳重道郎
「アーティスト説明」
『日常のなんでもない風景が、ちょっとしたきっかけで、全く違った風景に見えることがある。例えば狭い空間なのに、そこに世界や宇宙を感じたり。今回の作品では、それぞれ別の世界に属するものを高さを揃える事で一つの空間の中に配置した作品。狭い空間に特別な空間を生み出している』
IMG_2229_convert_20160121003409.jpg
IMG_2241_convert_20160121003439.jpg
IMG_2243_convert_20160121003529.jpg

《赤の後》 森田美里
タイトルの“赤”は、2014年の個展《山をつぶす人》の作品が、赤を主体としている事に由来するのだろう。森田さんは、元々芸大での専攻は絵画だったが、学生時代から現代アート(の立体)に走ったそうだ。
これまでは、ティッシュを千切って接着剤と混ぜたものを材料に、牛に似た形態の想像上の生物を作ってきた。異形の生物とでも言うのか。

※参考) 《Kidnap》2013年            《Golden slumber》2013年
森田KidnapGoldenslumber_convert_20160121004218
※参考) 《山をつぶす人》︎2014年
森田山つぶし_convert_20160121004248

今回は、新聞紙を主体に接着剤で固め、その上に主に青系統で着色している。先回は、赤が印象に残る作品だったが、今回は、ブロンズの様な青が主体。うっすらと新聞記事も見える。
ブルーシートを使った小山の上に、3体の異形の生物が乗っている。どれも皆、不安定な足場にぐらつきながらも必死に立ち上がり、空に向かって吠えているかの様だ。これまでが、牛を思わせる形態で、どっしりとした安定感を見せていたので、随分と変化を感じさせる。肌触りも、従来は、もこもこ感があったが、目の前の3体の皮膚は、ぬめぬめとべたつく様な湿りがある。
IMG_2247_convert_20160121003607.jpg

DSC_3840_convert_20160122004727.jpg
DSC_3841_convert_20160122004755.jpg
DSC_3823_convert_20160122004659.jpg

DSC_3836_convert_20160122004601.jpg

森田さんに聞いてみた、
-ブルーシートの山に載せたのは?
「アトリエで使っているブルーシートをそのまま持って来ました。普段どんなところで作品制作をしているか見せようと思って」
(※シートの下には、小さな粘土ドローイングの人形様のものも置いてあった。横にはバケツ等もおいてあり、アトリエにあるもの全部もってきて積み上げた様な山だ)
-(想像上の)動物と思うが、足が、3本~5本あるし、皮膚感も従来と違いますね。
「本当になかなかうまく行かず、基本から壊した事もある。(足5本の)これは倒れてしまうので大変だった。」(それで足を1本追加した?)
-新聞紙の部分を削り取る様な事を?
「中の支持体も、エイッて折ってしまった事もある」
「でも、これが最後なので多くの人に見て欲しい」
-え?最後とはどういう事ですか?
「立体は、これが最後で、今後は絵画をやろうと思っている。これまで描いていないけど」
IMG_2253_convert_20160121003735.jpg

そう聞いて改めて作品を見ると、作家の苦悩する姿の投影にも思えてきた。
個人的には、森田さんの異形の生物の感じが好きだったので、少々残念だが、今後の作品に期待しよう。

ファン・デ・ナゴヤ2016 『日本 家』

ファン・デ・ナゴヤ美術展2016
期間: 2016年1月8日(金)〜1月24日(日)
場所: 名古屋市民ギャラリー矢田
今回は、二つのプロジェクトが展示を行っています。そのひとつが、
<<記憶のはがし方プロジェクト『日本 家』>>です。
(企画・出品:鷹野健、阿部大介)

4階の展示室入ると、部屋いっぱいに青い家が建っていた。
DSC_3759_convert_20160120135852.jpg
DSC_3760_convert_20160120135933.jpg

家の形の骨組みに、奇妙な青いシート状のものが張り付いていますが、これは、版画技法のひとつである“はがし刷り”という方法で作られたそうです。
今はもう住む人のいない家屋の外壁に、青いインクを塗り、その上に樹脂(ボンドの様なもの)を塗って、完全に乾いたら、壁から薄い樹脂の層を剥がします。表皮の様に薄く固まった樹脂は、青インクも付着させながら外壁の細かな凹凸を写し取り、その質感や痕跡を見せてくれます。
外から見ると何だかよくわかりません。外側は、塗った樹脂の外表面なので、つるっとしているだけです。外壁の表面を写し取った側を見るには、青い家の中に入ります。
DSC_3774_convert_20160120140012.jpg
DSC_3775_convert_20160120140100.jpg
DSC_3776_convert_20160120140131.jpg

DSC_3784_convert_20160120140206.jpg
結構、大きいですが、実際の家よりも縮小したサイズだそうです。屋根部分が、四角いモザイク状になっているのは、瓦から剥がした部分だからですね。
窓ガラスのデザイン面の凹凸や、窓下のタイル張りの壁も見えています。一部の壁が白っぽいのは、何か裏打ちしているのか、それとも固まった樹脂を剥がす時、壁のモルタルも少々くっついたのでしょうか。
DSC_3788_convert_20160120140235.jpg
DSC_3796_convert_20160120140306.jpg
家の中から、家の外壁を眺める事になり、ちょっと奇妙な感じもします。

はがし刷りの元になった家が、これです。
DSC_3798_convert_20160120140452.jpg

「はがし刷り」技法の説明もありました。対象物にインクを塗って・・・
DSC_3806_convert_20160120140536.jpg
樹脂を塗って、それが乾いたら剥がして・・・
DSC_3807_convert_20160120140606.jpg
出来上がり(元が凸型、剥がした樹脂が凹型)・・・
DSC_3808_convert_20160120140631.jpg

この作品制作はかなり大変だった様で、完成は、美術展の開始後、4日目だったそうです。
IMG_2068_convert_20160120140726.jpg

IMG_2069_convert_20160120140754.jpg

1月10日(日)には、ナディアパークの7th Cafe で 『deep nightアートを話そう「記憶のはがし方プロジェクトをめぐって』があり、作品制作の考え方や制作状況などの話を聞きました。
司会の田中さんと阿部さん(右)、鷹野さん(中央)
IMG_2539_convert_20160120140900.jpg

現地での作業風景: 家の外壁に青インクを塗り、その上に樹脂を塗る。乾いたら剥がす。
IMG_2738_convert_20160120140947.jpg
IMG_2740_convert_20160120141017.jpg
ご苦労様でした。

白水ロコ 蟷螂

白水ロコ  「中谷ゆうこ・白水ロコ2人展」
        (豊田画廊10月28日(水)~11月3日(火))

豊田市駅近くにある豊田画廊で、白水(しろうず)ロコさんが中谷ゆうこさんと2人展を行っていた。
画廊を入ると、中谷さんのクリップチェーンでぶら提げられた、まあるい提灯インスタレーションが目に入った。壁には、同じく中谷さんの渦を巻いたクリームの塊の絵画が並んでいる。
2015ファンデ中谷
<※注:2015.1月のファンデナゴヤ No ART! No Life!の作品より>

 部屋の奥の床には、白水ロコさんの蟷螂(カマキリ)が、ぺたりと座っていた。白水さんの作品は、森の中に住む動物やら虫やらをモチーフにして、妖精を思わせる姿に仕上げる事が多い。鮮やかな色を使ったカラフルなものが記憶に残っている。でも今回は、グッとおとなし目の黒いカマキリ、仕草からはメスなのだろう。落ち着いた雰囲気は、オスをいただいた満腹感?視線が上を(?)向いている様にも見えて、愛嬌のある顔だ。
1103白水カマキリ
「黒い色を使って」みたかったので、この様な色合いにしたそうなのだが。頭の上の2本の触覚は、「自宅にある木の枝を使いました」
 「中谷さんとの2人展なので」作品同士の色合いのバランスも考慮して、この黒い蟷螂を出展したそうだ。


作品や資料を見ていたら、白水ロコさんが中谷ゆうこさんと画廊に入って来た。見ると白水さんの口元から頬のあたりが何かおかしい。傷の様なものが見える。交通事故とか何かでけがでもされたのか、直接聞くのも気が引けて声を掛けられず、まじまじと見てしまった。
1103白水ロコ
    「ハロウィーンの仮装なんです」
そう、その日は、ハロウィーンだった。駅前周辺で仮装イベントがあり、そこに「口裂け女」で参加していたらしい。朝から、「化粧品やボンドなどを使って」口裂けをメイキングしていたのだと。傷が妙にリアル。頬に「★」など貼ってくれると仮装っぽくてわかりやすいけど。
プロフィール

ゆでたまご

Author:ゆでたまご
鑑賞者の目で現代アートを探求

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。