fc2ブログ

「これからの写真」展のわいせつ(?)写真

愛知県美術館で「これからの写真」展(8/1-9/28)が開催されている。
開催の主旨をグッと短縮すると・・・
・写真は、デジタル技術により、その環境が激変している。
 特定の技術としての写真は、その輪郭を失いつつある。
・現代アートでは、写真、映像、立体などの複数形態を選択
 しながら創作する者も少なくない。
・本展では、空間、時間、鑑賞者との関係性など様々な視点から
 写真とイメージの様相を探ります。
[出展作家]
 新井卓 加納俊輔 川内倫子 木村友紀 鈴木崇 鷹野隆大
 田代一倫 田村友一郎 畠山直哉

展覧会をご覧になった方は、この「これから」とは、一体「いつのの事?」かと、思ったことでしょう。また、「鑑賞者との関係性」とは? 作品をじっくりと見ながら、そのあたりを考えて・・・と思った矢先、8/13朝、Yahooニュースでこんな記事が。
*****************
<美術館展示写真、愛知県警「わいせつ」 一部覆う>
 愛知県美術館(名古屋市東区)で開催中の「これからの写真」展(同美術館、朝日新聞社主催)で展示されている写真家・鷹野隆大氏の写真が、「わいせつ物の陳列にあたる」として愛知県警が12日、同美術館に対処を求めた。同美術館では13日から作品を半透明の紙で覆うなどして展示することにした。
 問題とされたのは、男性の陰部などが写った作品12点。匿名の通報があり、県警生活安全部保安課が同美術館に「刑法に抵触するから外してください」と対処を求めた。同美術館と鷹野氏は協議し、撤去でなく、展示方法の変更で対応すると決めた。小品群11点は紙をかぶせ、1点の大型パネルは胸より下をシーツ状の紙で覆った。鷹野氏は「人と人が触れあう距離感の繊細さを表しており、暴力的な表現ではない。公権力による介入を隠すのではなく見える形にしたかった」と変更を了承した。
*****************

鷹野さんの展示コーナーは、当初からカーテンで仕切られ、作品のCaptionの隣には注意書きがありました。「性器を含む全身ヌードを撮影した写真もあり、不快感を抱かれる方もあるかもしれません。中学生以下のみでの鑑賞は制限します」等とありました。
IMG_5216_convert_20140813220141.jpg
IMG_5217_convert_20140813220117.jpg

鷹野さんの作品を紹介しますと(図録より)
こんな感じです。制作は、2007、2008年頃が多いですね。
DSC_2990_convert_20140814001009.jpg
DSC_2992_convert_20140814000727.jpg
DSC_2996_convert_20140814000853.jpg
「美しい」と言う写真ではないですね。

そもそも鷹野隆大さんは、第31回(2006年)木村伊兵衛写真賞の受賞者です。この木村伊兵衛写真賞は、「写真界の芥川賞」(朝日新聞主催)と言われるほど権威のある賞です。(※参考:川内倫子さんや畠山直哉さんも他年度の受賞者です。)
受賞理由が興味深くて、

「受賞の理由は、刑法第175条(猥褻物頒布等)に抵触する幾つかのタブーを乗り越えたことと、人間の性の問題を真っ向から見据えたこと。 受賞対象の 『IN MY ROOM』 では、本来のエロスを失った状況下にある現代の我々の性状況を、ドキュメントとして見事に表現している・・・」

受賞当時の話を(ネットで)拾ってみると、

「鷹野さんをよく知る方は、受賞報告を受けた時、「嘘!」と口にしたという。木村伊兵衛写真賞という権威ある賞の審査員の体質を考えれば、受賞は驚き以外の何ものでもなかった。鷹野作品が注目されるのは、男性のヌードを撮り続けている点にあるのだから。」

乱暴な言い方かもしれないが、2006年には、写真界でも男性ヌードが認知されてきたというべきか。
がしかし、2014年の愛知では、まだその様な状況にはなっていないらしい。愛知は、80年代から、現代アートの先進地域等と言われ、その流れで、2010年に、あいちトリエンナーレが始まり、2016年の開催も発表されたばかり。でも、まだまだなのでしょうか。

とにかく、現場を確認しようと、愛知県美術館に再度行ってきました。
大型パネルの1枚には、胸から下が白い布(紙?)で覆われており、その下は見えない状態です。透けて見える様な薄いものではない。
小作品(2L版程度)の何枚かには、トレーシングペーパーが(上部のみ糊付けで)貼り付けられています。ペーパー越しには、ぼんやりと人が2人いる事はわかりますが、男性の性器がどうなっているかは、わかりません。

お客様のひとりが、ペーパーの下をつまんで持ち上げて見ましたら、監視員の方から「お客様!」の声がかかりました。確かに、トレーシングペーパーと言えども作品の一部ですから、触ってはいけないのでしょう。たまたまですが、私は、作品の配置と題名の説明用紙(A3サイズ・ラミネート仕上げ)を持っていたので、下から軽く団扇の様に煽いでみました。薄いトレーシングペーパーは、ふわりと舞い、1秒程、その下の作品を見せてくれました。やはりと言うか、監視員の方からは、「お客様!」の声。私は、明るく「Roger!」と答えました。

それにしても、「これからの写真」とは何かについて話をしたかったのですが、結局、チンチンが見えるのどうのとの下種な議論になってしまったのが残念です。

歌麿「深川の雪」

6月14日、箱根の岡田美術館で、喜多川歌麿の《深川の雪》を見てきた。
なんと艶やかな浮世絵でしょうか。その大きさ(縦199cm×横341cm)も掛軸画としては目を見張るばかりですが、何と言っても素晴らしいのは、色づかいです。200年前の日本に、しかも公家や武家ではなく町人の世界に、この様な美しくも華麗な絵が存在したとは、まったく胸を打たれる思いです。
IMG_4976_convert_20140622205619.jpg
<図録より>
《深川の雪》については、NHK等の特番でご覧になった方も多いと思いますが、やはり実際に見るべきでしょうね。作品の持つ華やかさは、実物でなければ、なかなか感じられないものです。
場所は、江戸・深川の大きな料亭の二階座敷。そこに、芸者や下働きの女性等(ひとりの男の子を含む)総勢27名が、雪の積もった中庭を取り巻く二階の廊下と座敷に、思いおもいの仕草で描かれています。何度も言いますが、芸者さん達の艶やかな姿はいいですね。上に羽織る長袖は、わりと地味な感じの色ですが、その間から見える小袖(と言うのでしょうか)の赤の鮮やかな事。
また面白いのは、下働きの女性達。その姿が、当時の生活様式や風俗を伝えてくれます。手前中央の女中さんが持っている料理は、皿の上にヒラメの煮物、小鉢の中に百合根インゲンなどが見えます。右奥の廊下には、大きな風呂敷包みを背負った女中さんが見えます。これは、「通い夜具(かよいやぐ)」と言うそうです。深川は、芸者の街で、吉原の様な遊郭とは違いますが、そこはそれ男女の中ですから、粋な殿方であれば、芸者さんも心を許して枕を共にする、なんて事もあったのでしょうね。(よい娘はまねをしない様に)
ところで、芸者さん達の唇に注目です。(添付の画像で判別出来るか?)
IMG_4978_convert_20140622203623.jpg
<図録より>
下唇が、みな緑色ですね。これは、「笹紅(ささべに)」と言って、当時、爆発的に流行した口紅なのだそうです。ですが、紅花から作られるこの紅は、非常に高価で「金(金箔)」と同じと言われています。
猪口の内側に塗られた紅、それを水を含めた筆ですくい、唇に塗りかさねる程に、赤が緑に変わると申します。芸者さん達は、その様な手間もお金もかかる紅を競って使ったのですね。
20140131145337[1]

当時は、倹約令が発行されていた時ですから、この様な贅沢を広める様な事などもっての外だったのでしょうが、歌麿は返ってそれに逆らったのでしょうね。
絵の構図を見て見ましょう。
IMG_4976_convert_20140622205619.jpg
左下の子供を抱いた母親から、仕草や視線をたどって行くと、廊下を反時計まわりにぐるりと回ります。最後は、左上のふっくら顔の女中さんの右手指から、最初のところに戻ります。また、画面は、二階座敷を描いたものですが、手前廊下と中庭を挟んだ奥の廊下では、高さが違う様にも思えます。しかし、手前から廊下をたどると確かに同じ平面で奥の廊下にたどり着きます。西洋の遠近法から言えば、ちょっとおかしい(ずれている)のでは、と思われるかもしれません。多分、歌麿は、遠近法よりも人物配置(よく見える)を優先したのでしょうね。奥座敷を描く為には邪魔な中庭の松の木など、途中ですっぱりと切り落としています。芸者衆を美しく描き見せる事がこの絵の命ですから。歌麿始め当時の浮世絵師たちは、この様な大胆な構図もやってのけるのですね。

ご存知に様に、《深川の雪》は、《品川の月》《吉原の花》(どちらもアメリカ在住)と合わせて3部作になっています。その中でも最後に描かれて最大のものであるこの作品を見逃す手はないですね。
◇岡田美術館
IMG_4879_convert_20140622203951.jpg
IMG_4884_convert_20140622203930.jpg

問題は、美術館が、箱根の山の中にある事。電車で行くにも駅から遠いし、車で(名古屋から)行くにもかなりの距離。私は、結局、車で行きましたが、1人で往復600kmは結構大変でした。

林ナツミ 本日の浮遊

東京都写真美術館が毎年行なっている「日本の新進作家」展Vol.12(2013.12/7-2014.1/26)を見た。今年のテーマは「路上から世界を変えていく」で、5人の作家の作品が展示されていた。
中でも、林ナツミさんの「本日の浮遊」が目を引いた。女性(林さんなのだろう)が、いろんな所で浮いている。路上で、少し開いた門のあいだで、土手の上で、公園の中で、確かに「浮いて」いる。ポーズはいろいろあって、空中に真っ直ぐ立っていたり、地上50センチのところを駆けたり、体が少し前に傾いて空中を移動していたり。「浮遊」という言葉が、まさにぴったりだったのは、少し霞んだ遠くの町並みを背景に、ふんわり漂っているこの写真。(図録を写したものなのでいまいち見づらい)
IMG3549cv300.jpg

ふわりと空中に浮かび上がった姿、それがあたり前のように見える様に、ふとジブリのアニメ「魔女の宅急便」のキキを連想した。魔法使いの少女キキが、親元を離れ、人間の住む町に(箒に乗って)飛んできた時、町の人は皆、「魔女が飛んできた」「縁起がいいね」とあたり前のように話をする。そんな“あたり前”の浮遊を感じさせる写真なのだ。
林ナツミさんは、図録の説明の中で、「写真は、本当に真を写しているのだろうか」「自分を跳躍させた事実と写真の中で浮遊している自分との乖離」の様に述べている。撮った写真はその出来事を証明してはいないという状況、とも。その様な意図とは別に、作品自体は、見る人の願望(浮いてみたい)をくすぐるものになっているのが面白い。
林さんは、自身のブログ「よわよわカメラウーマン日記」の中で、2011年1月から<本日の浮遊>プロジェクトを開始した。ここを覗いていただくと、初期の頃からの浮遊を全て見ることが出来る。最初は、力強く「ジャンプ」の様な写真もあるが、撮影が進むに連れ、肩の力も抜けて「浮遊」らしくなってきた。満足のいく1枚の為には、100~300枚撮る事も必要だとか。「ふんわり浮遊写真」の裏舞台は、結構大変なのだ。

葉栗里「ここはたしかこのあいだもきたとこだ」

2014年1月12日(日)伊勢現代美術館で、葉栗さんの展示「ここはたしか このあいだも きたとこだ」を見てきた。
朝7時に自宅を出発、渋滞がそれほどでもなかったので2時間と少々で到着。
この美術館は、南伊勢町の五ヶ所湾を望む高台に位置し、窓からは美しいリアス式海岸を望み見ることができる。
伊勢現代美術館の正面。
DSC_2684cv300.jpg

庭の彫刻群の先に、五ヶ所湾の海岸を望む。
DSC_2615cv300.jpg

何はともあれ、喫茶スペースで朝のコーヒーを頂いて。
葉栗さんがここで展示を行なうのは、昨年の「fresh 2012 葉栗里展」に続いて2回目。
伊勢美術館のブログ・・・fresh 2012 葉栗里展

今回の展示は、別館となる屋外彫刻館「宇空」で行なわれていた。
DSC_2682cv300.jpg
作品は、白い塀に囲まれた野外展示場ではなく、入口となる三角屋根の建物内に展示されていました。
DSC_2672cv350.jpg
博士課程の卒業制作展のときの、白い馬にのる娘ですね。葉栗さんのこれまでの作品は、頭を下にしたり、上を向いたりでしたが、今回は違う様です。まっすぐ前を見ています。馬に跨るのもこれまでに無いですね。でもまあ、あまり野生的とは言えない馬の顔もそうですが、全体にふんわり感が漂うのは如何にも葉栗作品と言えるでしょう。
馬に跨った娘は、どこに行くのでしょう。楽しかった学生生活も終わり、これから作家としての道を進もうと、少し高いところから先を見詰るかのようです。
「宇空」で見ていた時は気付かなかったのですが、今改めて写真を見てみると、
DSC_2675cv300.jpg
なかなかどうして、口元キリリとして、しっかり前を見詰ています。手綱を持つ手も堅く握りしめ、気合十分です。
それにしても、このスペースに作品がひとつだけとは、寂しいですね。
じつは、展示開始時には、もうひとつ作品があったそうです。2013年8月に名古屋のギャラリ「地球堂美術」に展示していた「かすかなもくずたち」です。
DSC_2106cv200.jpg
50cm程でしょうか、小作品ながら、葉栗さんの製作手法が少し変化を見せ始めた時のものでした。友人の大耳君によると、展示初日に破損してしまい、現在修理中だそうです。2つの作品が同じスペースに並ぶと、どんな風に見えるのか、興味をそそられます。作品は、触れずに鑑賞したいですね。
プロフィール

ゆでたまご

Author:ゆでたまご
鑑賞者の目で現代アートを探求

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
訪問者数