FC2ブログ

國府理(追悼)

國府理が亡くなった。
美術手帖の7月号に、「追悼 國府理」(ヤノベケンジ 文)が載っているの見て驚いた。今は、青森の方で個展を開催していたはずだが。ネット検索をしてみると、その様な新聞記事があった。

「造形作家、企画展の会場で事故死か」・・・・・・・・ 
 4月29日午後6時ごろ、青森公立大国際芸術センター青森の展示場で、造形作家の国府理(こくふおさむ)さん(44)が、アクリル製温室(自身の作品)内で倒れているのを同センターの職員が発見。市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。温室は縦2.3m、横4.5m、高さ2.7m。内部には軽乗用車1台があり、一定の間隔でエンジンがかかる仕組みだった。国府さんはエンジンの点検を1人でしていたらしい。当時は閉館後で、展示作品のメンテナンス中に事故が起きたとみている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その後、「國府理展 相対温室」は、中止。国際芸術センター青森は6月末まで休館となった。
相対温室_convert_20140629204718

國府さんの名前を初めて知ったのは、2013年あいちトリエンナーレの出展アーティスト一覧だ。その時、私は、あいトリのガイドボランティアに応募し、各アーティストの情報収集の最中だった。丁度、國府さんは、西宮市の大谷記念美術館で、個展「未来の家」を行っていた。展覧会の作品画像を見ると、屋根にプロペラを取り付けた車、ヨットの帆を付けたバイク、ロボットクジラ、パラボラアンテナを器にした小さな庭、等々。「この人はメカ好きなんだな」 私もメカ好き人間なので、その辺りはハートにツンと来るものがあった。アーティストトークもあったので、何とか見に行こうと思ったものの、都合がつかず、断念。今思えば、他のものを犠牲にしてでも行くべきだった。後になって後悔する。「次」など、そう都合よくやって来ないのは、いつもの事なのに。

今も気になる、國府さんの作品ふたつ。
展覧会のタイトルにもなっていた《未来の家》
IMG_5012_convert_20140629204811.jpg

温室そのものであるこの家は、移動用のキャタピラーと、高さを変えるためのパンタグラフの支柱を持つ。家の中の生物の為に、より良い環境を目指して移動し、高さを変える。(←図録より) 見ると家の中には植物もいる。最適な環境を求めて、植物までもいっしょに、家自らが移動する。そこに人は存在しているのだろうか?人がいなくなり、移動手段を手に入れた植物が、より良い環境を求めて歩き回る。そんな事も想像してしまう。「植物だって歩きたい」

《ROBO Whale》
頭がワーゲン(車)のフロントで、その後ろに金属の骨(背骨、肋骨、ヒレ)。背中にエンジンとプロペラ。操作しているのが、國府理さん。
IMG_5016_convert_20140629204846.jpg

工事現場からクジラの骨が出土すると言う話から想像が膨らむ。(←図録より)
海面上昇で都市が海中に没した後、地中のクジラ(の骨)が機械と融合。その後、再びその地層が地上になった時、鉄でできたクジラは、地上に現れるが、そこは砂漠。背中のエンジンとプロペラを使って海を探し、飛んでいく。最後に、海にたどり着くが、金属で出来た体では、海に入る事ができず、そのまま飛び続けているだけ。
IMG_5018_convert_20140629204910.jpg
IMG_5021_convert_20140629204929.jpg

もうひとつ作品を紹介します。《水中エンジン》
ご存知の方も多いでしょう。國府作品の特徴がよく出ています。
IMG_5022_convert_20140629235247.jpg

大きな水槽の中に吊り下げられた自動車のエンジン。空気の取入れ口、エンジンの排気口は、水槽上のパイプにつながっています。勿論、ちゃんと動きます。通常、エンジン(内燃機関)の効率は33%位です。つまり、吸入したガソリンの持つエネルギーの1/3しか動力として取りだしていません。では残りの2/3は、どこへ? 答:「熱となって冷却水に吸収される、又は排ガスとなって外に放出」です。
この作品では、水槽の水は温水に変わったと思います。観客の方々は、その暖かさを体感したでしょうか。

最後の個展となった「相対温室」の内容はよくわかりません。が、人が生きる為の環境の枠を広げ、快適な環境を維持する為に過大なエネルギーを使っている様に見える、と言った事が背景にあるようです。

國府さんは、1970年生まれで、子供の頃、「スーパーカーブーム」の洗礼を受けたとか。私はその頃もう子供ではなかったですが、あの熱狂振りは今でも思い出します。車がまだ夢の対象になり得た頃ですね。
國府さんも車が好きだったのでしょう。作品の中に車がよく使われるのを見てもそれが伺えます。快適な生活を実現するための車を維持するには、多大なエネルギーを必要とする事も判り過ぎる程わかっていたのでしょう。だから、車を捨てようと、車反対と言っているわけでもありません。それは、全ての工業製品に言える事ですし、私たちが渇望している快適な環境そのものに言える事でしょう。國府さんは、その様な私たちの価値観に、なぜそうなっているのか、何を求めようとしているのか。「相対温室」の中で、自分自身に問い掛けると共に、私達にそれを考えて欲しいと思っていたのかもしれません。

ご冥福を祈ります。
スポンサーサイト



歌麿「深川の雪」

6月14日、箱根の岡田美術館で、喜多川歌麿の《深川の雪》を見てきた。
なんと艶やかな浮世絵でしょうか。その大きさ(縦199cm×横341cm)も掛軸画としては目を見張るばかりですが、何と言っても素晴らしいのは、色づかいです。200年前の日本に、しかも公家や武家ではなく町人の世界に、この様な美しくも華麗な絵が存在したとは、まったく胸を打たれる思いです。
IMG_4976_convert_20140622205619.jpg
<図録より>
《深川の雪》については、NHK等の特番でご覧になった方も多いと思いますが、やはり実際に見るべきでしょうね。作品の持つ華やかさは、実物でなければ、なかなか感じられないものです。
場所は、江戸・深川の大きな料亭の二階座敷。そこに、芸者や下働きの女性等(ひとりの男の子を含む)総勢27名が、雪の積もった中庭を取り巻く二階の廊下と座敷に、思いおもいの仕草で描かれています。何度も言いますが、芸者さん達の艶やかな姿はいいですね。上に羽織る長袖は、わりと地味な感じの色ですが、その間から見える小袖(と言うのでしょうか)の赤の鮮やかな事。
また面白いのは、下働きの女性達。その姿が、当時の生活様式や風俗を伝えてくれます。手前中央の女中さんが持っている料理は、皿の上にヒラメの煮物、小鉢の中に百合根インゲンなどが見えます。右奥の廊下には、大きな風呂敷包みを背負った女中さんが見えます。これは、「通い夜具(かよいやぐ)」と言うそうです。深川は、芸者の街で、吉原の様な遊郭とは違いますが、そこはそれ男女の中ですから、粋な殿方であれば、芸者さんも心を許して枕を共にする、なんて事もあったのでしょうね。(よい娘はまねをしない様に)
ところで、芸者さん達の唇に注目です。(添付の画像で判別出来るか?)
IMG_4978_convert_20140622203623.jpg
<図録より>
下唇が、みな緑色ですね。これは、「笹紅(ささべに)」と言って、当時、爆発的に流行した口紅なのだそうです。ですが、紅花から作られるこの紅は、非常に高価で「金(金箔)」と同じと言われています。
猪口の内側に塗られた紅、それを水を含めた筆ですくい、唇に塗りかさねる程に、赤が緑に変わると申します。芸者さん達は、その様な手間もお金もかかる紅を競って使ったのですね。
20140131145337[1]

当時は、倹約令が発行されていた時ですから、この様な贅沢を広める様な事などもっての外だったのでしょうが、歌麿は返ってそれに逆らったのでしょうね。
絵の構図を見て見ましょう。
IMG_4976_convert_20140622205619.jpg
左下の子供を抱いた母親から、仕草や視線をたどって行くと、廊下を反時計まわりにぐるりと回ります。最後は、左上のふっくら顔の女中さんの右手指から、最初のところに戻ります。また、画面は、二階座敷を描いたものですが、手前廊下と中庭を挟んだ奥の廊下では、高さが違う様にも思えます。しかし、手前から廊下をたどると確かに同じ平面で奥の廊下にたどり着きます。西洋の遠近法から言えば、ちょっとおかしい(ずれている)のでは、と思われるかもしれません。多分、歌麿は、遠近法よりも人物配置(よく見える)を優先したのでしょうね。奥座敷を描く為には邪魔な中庭の松の木など、途中ですっぱりと切り落としています。芸者衆を美しく描き見せる事がこの絵の命ですから。歌麿始め当時の浮世絵師たちは、この様な大胆な構図もやってのけるのですね。

ご存知に様に、《深川の雪》は、《品川の月》《吉原の花》(どちらもアメリカ在住)と合わせて3部作になっています。その中でも最後に描かれて最大のものであるこの作品を見逃す手はないですね。
◇岡田美術館
IMG_4879_convert_20140622203951.jpg
IMG_4884_convert_20140622203930.jpg

問題は、美術館が、箱根の山の中にある事。電車で行くにも駅から遠いし、車で(名古屋から)行くにもかなりの距離。私は、結局、車で行きましたが、1人で往復600kmは結構大変でした。

木村充伯展「Above the horizon」

6月7日(土)、ケンジタキ・ギャラリーで木村充伯展「Above the horizon」(2014.6/7-7/19)を見てきた。
木村さんの作品は、ユーモアと奇妙な雰囲気、それとちょっとした驚きも感じさせてくれる。
昨年拝見した木村さんの作品は、油絵具の塑像(油絵具をてんこ盛りにした立体)だったが、今回は木彫だ。ギャラリー入り口を入ってすぐ作品が見える。
IMG_4816_convert_20140621224822.jpg

立木の枝に、白い小鳥が何羽も止まっている構図だが、何やらおかしい。鳥は足で枝にとまっているのではなく、頭を枝のなかに突っ込んでいる。タイトルは、《鳥の死角》。
IMG_4817_convert_20140621224842.jpg

鳥は非常に視野の広い目を持つと言われていますが、これでは「死角」どころか全く見えないですね。これが猿なら「見ざる(言わざる聞かざる)」で、都合の悪い事は(頭を穴に突っ込んで)見ない事にするとか。しかし、最近の調査として、鳥が大きな構造物と結構、衝突事故を起こすとも聞いている。ビル、送電線、風力発電の風車etc。報告では、鳥は地上の目標物を注視しているが、前方が案外疎かになっているとか。《鳥の死角》の奇妙な風景を見ていると、いろいろ想像してしまう。このあたりが、木村作品の面白いところか。そこにあるものが、何であるかはすぐわかるが、“なぜ?”と考えてしまう。

IMG_4821_convert_20140621225326.jpg
1F中央には、ラッコが2頭横たわっている。樟(くすのき)からの削り出しで(+油彩)、表面のささくれが、ラッコの体毛の感じを出している。表情も何かを食べようとする仕草も愛らしい。が、それにしても、デカい!(トドじゃないんだから)

壁には、後ろを向いて張り付く《猿の群れ》。
IMG_4830_convert_20140621230128.jpg

7頭の猿の後ろ半分が、壁に張り付いている。顔も見えないし、手足も尻尾も見えない。後頭部から背中にかけての毛並と、特にふたつに割れたおしりが、間違いなく猿だと思わせる。類人猿共通の(外形上の)特徴はこのおしりか?などと考えてしまう。

2F展示室に行くと、先ず大きな熊が目に入る。正面を向いてデンと座っている。
IMG_4856_convert_20140621230540.jpg
後ろに回って見ると、背中が無くてがらんどうの内部が見える。(制作途中、ではないと思うが・・・)
IMG_4862_convert_20140621231500.jpg
張子の虎ならぬ、張子の熊ではないと思うが。その傍には、コンクリートでできた犬《犬の向き》がある。
IMG_4860_convert_20140621230609.jpg
質感からは、小さいがそれなりの重さも感じる。大きな熊との対比で配置なのか。

壁には、熊を取り囲む様に、ドローイングが並べられている。
IMG_4864_convert_20140621232141.jpg
白い紙の中央には、小さく人や動物やいろんなものが描かれている。
IMG_4863_convert_20140621232018.jpg
顔を近づけて見ないと何が描いてあるかわからない程だ。大きな熊のまわりの小さなドローイング。
IMG_4853_convert_20140621232402.jpg

木村さんの作品を初めて見たのは、2013年のアーツチャレンジ(愛知県美術館で開催)で、油絵具の塑像だった。その時は、絵具の塊を作品にするのかと、その発想とユーモラスな表現に気を引かれた。見た目のわかりやすさの反面、ちょっと引っかかって、何だろうと考えてしまうのは、作者の意図だろうか。

鋤柄ふくみ 個展

5月24日(土)、岡崎のMasayoshiSizukiGalleryで、鋤柄ふくみ展「生活」を拝見した。(開催5/24-6/23)
鋤柄(すきがら)さんは、2010年に白土舎で個展「はだか」を開催したが、それ以来の個展だ。ギャラリー1F展示室には、壁に絵画作品、中央展示台に立体作品が置かれていて、制作は、2011年から2014年のものだった。
◇1F展示風景
DSC_2915_convert_20140615142028.jpg

鋤柄さんの作品をどう受け止めればよいのだろうか。始めて見た人は「暗い」印象を持ってしまうのだろうけど(確かに“暗い“感じだが)、インパクトは強いし、じっと見ていると何やら謎めいたものが浮き上がってくる。この日は、18:00からのオープニングパーティに合わせ、鋤柄さんも在廊だったので、話を聞いてみた。

《オオカミ男と自画像》
DSC_2909_convert_20140615143714.jpg
-左側にいるのは、なんでしょうか?
「オオカミ男です。ちょっと・・・、あぶない森ですね。」
-右側の女性は?
「これは自画像を描こうと思って描き始めた絵です。それ以外はあまり考えずに描き始めて、そこから、描いている間にどういう場所にしようとか考えて、(森の中とかが)出来ていったですね。」
(※注:絵をよく見ると、この女性の顔は、確かに鋤柄さんだ。)
-それでどうしてオオカミ男が出てきたんでしょうね。
「そうですね、いけないですね。」
-いつ頃描かれたものでしょうか。
「2012年から・・・、2013年に終わったですね。下手をすると1年くらいかかることも。いろいろ小さいのも描きつつ・・・」

《T公園・パノラマ》
DSC_2908_convert_20140615145032.jpg
-(「T公園」だが)森の中みたいですね。
「近くのよく散歩をしていた森みたいな公園のイメージで。それを描こうというのと、てくてく歩ける様に描こうと。真ん中には池があったので、それも描こうと。森を全部まとめて、盛り込んだんです。」
(・・・洒落も言うんだ)
-登場人物が多いですね。
「これすごく多かったです。そうですね、これはなんか描くときは、ここもここもここもここもここもここも歩ける感じにしよう、みたいな。こっちにいる目から描こうとか。ま、そんなに上手くいかなかったですけど。だからいろんな所に視線が・・・、って言うかいろんな所にいる感じに・・・したんです。」
-上に赤い人魂みたいな線が・・・
「あー、あれはわからないです。最後にそれを描いたら、『できた!』って思った。この絵が出来たと。意味と言うよりは、でも何か上にないと・・・、なんですかね・・・。(絵の下側)この辺見ながら、こうやって(手だけ上にあげて)描いたんです。そして、できたーって思って。」
-何かをテーマに描くと言うよりは、身近なものをモチーフにして・・みたいな。
「そうですね・・・、そうですね、何かを言おうとかよりは、私は、ここで何が起きるかな、みたいな。なんかもうちょっと小さな、近い位置で描いてるかもしれない。何かその、小さい範囲で自分的にこう、何か、ドキドキする事があるんですけれど。」

《顔のほらあな》
※チラシの写真は、この立体作品のドローイング。
DSC_2902_convert_20140615150010.jpg

-人の顔に見えましたが、いろいろ張り付けてありますね。
「そうですね。ここに私がはまりたい。(お面を付けるような仕草で)そうすると、3人。(お面の中に小さな人の絵が貼り付けてある)私ともう1人ともうひとり、3人になるぞって。(自分のまわりが見える)小さなほらあなです。セルフサイズの小さいほらあなです。」

《美容室 『N』》
DSC_2907_convert_20140615152207.jpg

-部屋の中に鏡のある、美容院みたいなところの。人が何人もいて。
「ハイ、行き付けの美容院です。」
-あんな風に鏡を配置されると、何かあるのかな・・と
「ま、こう言う風に、鏡が空間の真ん中に立っている美容院なんです。すごい変な。これは、(描くとき)先に場所を決めようかな、と。場所の中で何か起きるかな、みたいな。」

名古屋市美の学芸員さんも来廊されました。
DSC_2939_convert_20140615152632.jpg
「ここのところ、破れた感じで。」「アルミ箔で作ったんです。」

《アトリエの亡霊》 と 鋤柄さん
DSC_2948_convert_20140615153515.jpg

「これは、(中央にある)リンゴを描こうと思ったんです。」

<地下のインスタレーション>
DSC_2921_convert_20140615154630.jpg
DSC_2920_convert_20140615154700.jpg

-いろんな雑誌などを切り取って貼り付けたような。どんな雑誌でしょうか。
「そうですね。ハイ。あれはエルです。外人さんが沢山載っている雑誌。なんかいろいろ試してみるんですけど、やっぱりファッション雑誌がいちばん、楽しいって言うか、盛り上がるっていう。」
-インスタレーションものはいつ頃から?
「コラージュを・・・、(1Fにも展示している)雑誌に絵を描くのをやっていて、その雑誌を使ってコラージュみたいなのをして、そのコラージュがだんだん立体になってきたって言う感じですかね。」

鋤柄さんの手書きのリーフレットもあった。
DSC_2955_convert_20140615155344.jpg
◇1F展示(?)
「アトリエの小さなもの」
絵のかたわらで何か作ろうとして、まだ終わらないうちに、この先は、まだ分からない、と、手を止めたままのもの、切り刻まれた何かのかけら。時々、気に入ったものを気に入ったように並べてみる。この先また、手を加えて何かに成るのかもしれないし、もう終わっているのかもしれないような、もの。
◇地下
「奥絵(おくえ)」
絵に向かうとき、絵の具と筆を手にして画面の奥へもぐって行くのだ、と思うときがある。てさぐりで形に触れながら絵の奥に、もぐっていく。手さぐりで絵に触れているとき、私は私の体にさわっているようだ、とも思う。

作品の印象というかインパクトみたいなものを考えていて、思い浮かんだのが、坂本夏子さんの作品だ。気になったので、ネットで調べて見たら、御二人とも愛知県立芸術大学の設楽研究室の修了生との事。似ているという事でなく、影響する事があるのだろうか。それから、2013年1月の「であ、しゅとぅるむ」展(ファン・デ・ナゴヤ美術展)でも、「鋤柄ふくみ+坂本夏子」の名前で展示していましたね。


※今回の個展とは関係ないですが。
鋤柄さんと話をしていて、以前どこかで見かけた様な気がした。と、そこへ、以前、D.D.のワークショップで一緒になった野々村麻里さんが来た。聞けば、鋤柄さんもD.D.ワークショップでの作品作りに参加していたのだと言う。調べて見たら、確かに、D.D.(今村哲+染谷亜里可)が、2013年、岡崎市美術博物館の「ユーモアと飛躍」展に先立ち、5月にロビーで「2つで3人」作品の48時間滞在バージョンを行っていたが、その時に会っていた。
鋤柄さんが、昼食後の後片付けをしている。
(後ろのメガネの男女が、D.D.のふたり)
IMG_0196_convert_20140615160245.jpg
美術館ロビーにこの様な可変の部屋を作って、2日間生活したのですね。
IMG_0186_convert_20140615161845.jpg
ご苦労様でした。
プロフィール

ゆでたまご

Author:ゆでたまご
鑑賞者の目で現代アートを探求

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
訪問者数