スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森下真樹×束芋 《錆からでた実》

森下真樹×束芋 《錆からでた実》 
  京都芸術劇場 春秋座 2014.11/8-9 (11/9)

 森下真樹(舞踏家)と束芋(現代美術家)のコラボによる、コンテンポラリーダンス作品《錆からでた実》の公演が、京都造形芸術大学内にある京都芸術劇場・春秋座で行われた。振付は森下、舞台美術は束芋、構想はふたりで行い、ダンサーは、きたまり、川村美紀子と森下の3名だ。初演は、昨年、東京の青山円形劇場だが、舞台構造がかなり異なるので、今回に向けて若干の作品修正もあったようだ。
IMG_8363_convert_20141213195009.jpg
森下は、これまで映像を作品の中に取り込んだ事はなかったが、束芋とは、年齢や家族構成(3姉妹)等が同じことから交流が始まり、ようやくこの作品にたどり着いた。束芋も振付家とのコラボは2回経験していると言うものの、従来作品のアレンジに留まっており、構想から始めるのは今回が初めてだ。また、ダンサーの2人も、共にコレオグラフィーや横浜ダンスコレクション等の受賞者というこの個性派を、森下がどの様にまとめ上げるのか。《錆からでた実》は、全てがチャレンジなのだ。
公演の開始早々、カーテンが上がり始めて、3人のダンサーの足だけが見えるところで止まる。足だけを見せるダンスが始まる。しかしカーテンの上には、ダンサーの影と思える映像が映し出されており、本当の人影であるかの様な動きを見せる。後半部分でも、映像が映った背景の後ろにダンサーが入ると、その映像の中に人影が映し出され、まるで人が動き回っている様にみせる。この様に映像が、ダンスと密接な関係で制作されているのは、あまり例が無いと言ってもいいだろう。
映像は、通常、ダンスを引き立たせる役目になるが、束芋の場合、ひとつの作品として成立する程の強烈な個性と完成度を持っている為に、ダンスそれ自体を飲み込んでしまう危険性も孕んでいる。舞台を見ていると、激しく踊るダンサーに目が釘づけになっていたり、鮮やかな映像に目を奪われたりと、ダンスと映像の間を視線が行きつ戻りつしているのに気づく。だが、3人のダンサーのパワー溢れる動きの前では、心配は無用であった。むしろ、束芋の映像の持つ存在感が、ダンスと激しくぶつかり合う事で、作品の熱気を更に増加させる事になった。
ダンサー3人は、まるで3姉妹だ。3人の群舞を見ていると、長女(森下)の振付で、要領良しの次女(きたまり)とやんちゃな三女(川村)をうまくまとめ上げている様に見える。この長女なしでは、これだけ個性の強い人の集りを制御できないのではと思わせる。ダンスは、群舞とソロの両方が演じられ、ソロの時は、それぞれのダンサーにかなり自由度が与えられていた様だ。川村などは、いつもの激しい動きが戻り、舞台狭しとばかりにパフォーマンスを見せつける。遂には、舞台下の観客席前のスペースで踊り出すほどで、殆ど暴走と表現した方がわかりやすいかもしれない。しかし、これも森下の振付の想定内の事なのだろう。計算された動きの群舞と自由奔放なソロが、対比をなして、重層的なパフォーマンスとなっている。
この作品のタイトル《錆からでた実》は、何やら奇妙な言い方だ。その意味するところは、「身から出た錆」の『錆より更にその先に、実がある』(苦しんだからこそ、その先に何かがある)という希望なのだそうだ。公演を見た限りでは、確実に、いくつもの実りを収穫できたようだ。

------------
<講演後のトーク>
IMG_7771_convert_20141213201031.jpg
公演後のトーク(束芋&森下)では、森下さんの要望で映像を修正したとの話が出たので、アニメーションをそんなに短時間で修正できるのですかと質問したら、
 「そんなあんた、大変なのよ」
と、束芋さんが答えていました。
IMG_7775_convert_20141213201051.jpg
トークの最中に、控室に戻る途中の、きたまりさんと川村美紀子さんが近くをゆるゆると通りかかったので、呼び止めて一緒にトークに入ってもらう事になりました。川村美紀子は、ダンスはあんなに過激なのに、トークになると借りてきた猫みたいにおとなしかったのが印象的でした。
スポンサーサイト

《タナカさんちのEarly Christmas feat》

《タナカさんちのEarly Christmas feat》森田朋 
      Crossing (2014.11/22-12/14)金土日祝開催
インディペンデントキュレータ兼美術ライターの田中由紀子さんの自主運営スペースCrossingが、久々にオープンした。
コレクション6点と併せて、森田朋さんの最近の版画作品5点を展示してクリスマス気分で楽しむ企画だ。
スペースCrossingは、覚王山にあるマンションの一室。初日からお客様も沢山で嬉しい悲鳴を上げる田中さん。壁に掛けられているのは、田中さんのコレクション作品。エッチング作品は、森田朋さんの作。
後に見えるお客さんは、木全佑輔さんの様だ。
IMG_7977_convert_20141211222512.jpg
下に降りた展示スペースの壁に、森田さんのエッチング作品が並んでいる。
《サイ》 劇団B級遊撃隊の公演チラシ用
IMG_7967_convert_20141209232351.jpg
《船酔いバッハ》 AAF公演チラシ用
IMG_7966_convert_20141209232417.jpg
《280万年前 星の話》 雑誌夫人の友挿絵
森田さんの作品は、既視感があるのですが、きっとどこかのチラシや雑誌で見かけているのでしょうね。
IMG_7965_convert_20141209232513.jpg
これは最近の作品《fall》
IMG_7969_convert_20141211224231.jpg
田中さんコレクションのひとつで増田直人さんの作品。
この少女の顔を見ると、あっ増田さんだ、とわかります。
IMG_7968_convert_20141211224256.jpg
こちらもコレクションの森田朋さんの2作品
IMG_7972_convert_20141211224414.jpg
これは、エッチングなのでしょうか? オレンジ色の部分がちょっとへこんだ感じでしたが。
IMG_7973_convert_20141211224433.jpg
テーブルの上には、こんなかわいいトザキケイコさんの作品
IMG_7971_convert_20141211224327.jpg
キャンディーを入れてあった器にも何だか面白い穴が・・・
これって、ふるかはひでたか さんの作品ですね。タイトルが「無意味の湯呑」みたいな。
IMG_7978_convert_20141211224349.jpg
田中さんは、あいちトリエンナーレ2013でエデュケーターを務めていましたが、次回のトリエンナーレでもその役を担うそうで、今後ともご活躍を期待したいものですね。
それでは、良いクリスマスを!
プロフィール

ゆでたまご

Author:ゆでたまご
鑑賞者の目で現代アートを探求

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。