FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川村美紀子さんについて

4月頃、ダンス評論家の亀田さんのブログを見ていたら、以下の記事が・・・
―――――――――――
2013年度の舞踊批評家協会賞の授賞式が開催されました。
■日時:2014年4月19日(土)11:30
<新人賞>
川村美紀子さん(コンテンポラリーダンス)
 ・・・・(※略)・・・・・
川村さんの受賞コメントが本当にユニークで度肝を抜かれちゃいました(笑)。授賞式に車で送ってくれたお母様に想いを込めてとのことで、自作の歌を披露。艶やかなお着物姿でしたが、突然履いていた鈴付きのこっぽりを脱いで両手に持ち、まるで楽器みたいにこっぽりを打ち鳴らしてリズムをとりはじめました。で、渋い声で熱唱。
――――――――――――
“ユニークで度肝を抜かれた“って、どうゆう? 気になって、YouTubeで調べてみたら、違う賞の授賞(第7回 日本ダンスフォーラム賞 シンポジウム)の様子がUpされていました。皆さん、あっけに取られて笑ってましたが、こんな感じの仰天あいさつ(歌か)だったのでしょうか。
それでは、いったい川村さんのダンスは、どんなものかと気になったので、受賞の対象となった作品<ダンスがみたい!>「イチゴちゃん」(2013年8月12日-13日、日暮里d倉庫)を探してみたらありました。★ダイジェスト版★なので作品の雰囲気を感じる程度ですが、私の「コンテンポラリーダンス」のイメージを揺さぶられるものでした。
他には、何かUpされてないかと探してみたら、「裏企画」なるものがありました。
国内最大規模のコンテンポラリーダンス祭典「横浜ダンスコレクションEX」が、2014年2/4-2/9にありましたが、その裏で川村さんが「1人」で開催した、国内最小のダンスフェスティバル「川村ダンスコレクションEX」!(非公認)。横浜ダンスコレクションに招待されなかったので、その対抗策との話もあり、ま、その顛末を綴った★ドキュメンタリー(?)★の様なものか。それにしても、何と破天荒な事かと思うが、川村さんの(あと先考えない)行動力もすごいな。
ダンスそれ自体を見たいなと思い探したら、「へびの心臓」があった。横浜ダンスコレクションEX2012で最優秀新人賞を受賞した時のもの。四角いスポットライトが、いくつか位置を変えて照らし出したスペースの中で踊る、ダンス用の音楽とは思えない選択(J-Popやお経等etc)、そしてキューピー人形と、トヨタコレオグラフィーアワード2014で見られたアイテムが既に揃っている。★映像は、23分と長い★ので適当に見て下さい。
他にも何かと探したら、日本女子体育大学在学中(舞踊学3年)の時の「現代文化論」講座でのダンス・パフォーマンスや、知り合いへのビデオレター「中富さんへ」。(バイト先のカフェでの撮影だろうか?)何となく、川村さんの雰囲気が出ていますね。
驚いたことに、歌もうたうそうで、CDも出しています。今年の8月に3枚目をリリース。毎年1枚、夏に出すらしい。面白いのは、セカンドアルバム「ラヴソング!」に収録された「かわむらみきこのうた」。笑ってしまう。
とにかく、目の前の目標に向って、まっしぐら、っていう感じ。川村さんのサイトには、この様な映像が載ってますので、興味のある方は、覗いてみては如何でしょうか。
今後も活躍を期待したいですね。

全部の映像をご覧になった方、長時間ご苦労様でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆでたまご

Author:ゆでたまご
鑑賞者の目で現代アートを探求

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。