スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎Art&Jazz2012

『岡崎Art&Jazz2012』
2012年11月1日~12月2日の期間、岡崎市の岡崎シビコや
岡崎市図書館交流プラザ、旧本多忠次邸などで、現代アートの展示
が行われている。
展示の中心は、岡崎シビコ6Fと屋上。
屋上には、浅井祐介の「頭の上、足の下」が一面に広がる。
6階から階段を上ると、壁には多くの鳥が描かれ、訪れた人を
屋上へと誘うように飛んでいる。

シビコ6F階段

屋上にでるフロアの壁には、下に「頭」、上に「足」が描かれている。
驚いたような、ワクワクした様な顔の視線は、屋上に注がれる。

頭足300
以前は良く見かけた、デパ屋の遊園地をイメージした作品だ。
(シビコの屋上には無かったが)
浅井は、ここに大きなみどり色の花を描いた。花の中には、浅井が
得意とする(オオカミのような)動物が、描きこまれている。

シビコ屋上300

11/3は、土曜だったので、家族連れが、それも小さな子供連れが
多かった。浅井は、子供達のために(ここは遊園地なので)、お絵かき
の場を用意した。屋上展示の受付横には、チョークが置かれていて
誰でも浅井の描いた絵の上に、更に絵を書き加える事ができる。
(※但し、「黒板色」の動物の絵の上に限定。)

屋上植物とお絵かき

夕方になると、もう屋上はあたり一面、チョークの絵で埋まった。
(少々行き過ぎだったので、「黒板色」以外の所をボランティアさん
 が、モップで拭き取っていた。)
なんとも楽しい屋上遊園地。

シビコ6Fには、平川祐樹の「Vessele of Time、RiverBed」。
平川は、映像作家として知られている。
彼は、岡崎市の矢作川で、古くは縄文時代にまで遡る土器を
大量に拾い集めた。
 「それこそ、リュックにいっぱい。」
土器のかけらをそのまま、月の満ち欠けの様に並べたもの。
土器の破片をつなぎ合せ、復元した皿を使って矢作川の水を
すくう、「RiverBed」。
すくい1

時の流れに見立てた矢作川の清流を、土器がすくい上げる様に。
すくい2

この他にも注目の作家・作品が多数。
来年の、あいちトリエンナーレで出会うかもしれない作家の作品に
触れておくのも興味深い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆでたまご

Author:ゆでたまご
鑑賞者の目で現代アートを探求

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。