FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーツチャレンジ2016鈴木孝幸

アーツチャレンジ2016
期間: 2016年2月23日(火)〜3月6日(日)
場所: 愛知芸術文化センター

鈴木孝幸 : 《斜めに歩く place/height》 芸文センター12Fの屋上

愛知芸術文化センタービルの屋上に“小山“が作られていた。
DSCF1119_convert_20160227100454.jpg

「愛知県の新城市の長篠城の近くに実家があって、その先、山の裾野のところの土地から、土と石を採取し、ここに運びました」
「この展覧会の募集があった時、今立っているこの場所、愛知芸術文化センタ-(12F)の屋上が、海抜70m位なのを知って、それは新城の実家と同じじゃないかと」
「2007年くらいから作品作りを行っていますが、地面を掘って、その土と(掘った結果の)穴の両方を作品とする事が多かったです」
「今回の場所は、旧鳳来で、長篠城付近の山の裾野です。丁度、平坦な土地から山の斜面へと変わっていくところです。そこの土地の表面を四角く削って土を採取し、石はその近くにあるものを持って来ました」
「盛った土と石の下には、銀色に光るトタンが敷いてありますが、作品の一部でもあり(金属の枠と合わせ、土の色を際立たせている)、屋上で土が流れ出さない防災対策でもあります」

一見すると、小山の頂上を削って、芸文屋上に移設したのかと思ったが、そうではない様だ。土と石を斜めに盛り重ねたのは、山の裾野の斜面を表現しているのだろう。鈴木さんのこれまでの作品から推定すると、表現したい「斜面」は、石を積み重ねた面と思われる。土を盛った部分はその支持体の役割で作品全体を支える役割か。
芸文屋上にのせた山の裾野を《斜めに歩く》。(作品なので歩けないが)

「新城から愛知芸術文化センターまで、100kmくらい。自宅近くの山の斜面を掘りだし、この屋上まで運んで、そこに斜面を出現させるという事。『掘出し、運び、盛る』事が、作品だと考えている」

<芸文センター屋上から新城方向を眺める>
DSCF1125_convert_20160227100521.jpg
新城は、ここ愛知芸術文化センターから凡そ東の方向、そちらを眺めながら、100km先の斜面を想像するのも面白い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆでたまご

Author:ゆでたまご
鑑賞者の目で現代アートを探求

最新記事
訪問者数
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。